SEOコンサルタントが実践している10の基本テクニックと思考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEO対策が成功すれば、長期間安定的にアクセスが発生し、ホームページが利益を産み続けるツールになっていきます。ですから多くの企業がSEOにチカラを入れていると考えられます。

しかし、企業内のSEO担当者は十分なSEOの知識を得てないが故に危険なサービスに手を出したり、SEO会社や外部SEOコンサルタントに任せっきりになっているように思います。これは実はとても危険なことなのです。

Googleは人工知能を搭載した検索エンジンであり日々学習し進化しています。今日まで有効だった「手法」が明日にはペナルティーの対象となることもあります。

今SEO担当者が行うべき行動は、長期的な視点でGoogleの理念とお客さまの深層心理を研究し、お客さまを幸せにするコンテンツを発信することで、お客さまからのロイヤルティーを向上させ、自社のファンを作っていくことです。

それを行うのに今日取り組むべきSEOをテクニックと思考を10にまとめてみました。
_

HTML編

1. タイトルタグにキーワードを入れる

タイトルタグはとても大切です。必ずキーワードを入れましょう。但し、SEO視点ではなく読者の視点で。読者はタイトルタグでこの記事を読むかどうか決定します。検索で1位を取れても、読んでもらえなければ何の意味もありません。読者目線でタイトルにキーワードを挿入しましょう。
<参考>SEO効果が期待でき、お客さまを呼び込むタイトルの書き方

2. ディスクリプションは必ず設定する。

タイトルタグ同様に読者の視点で設定します。ディスクリプションは検索エンジンの評価対象ではありません。しかし、タイトルタグ同様、読者はディスクリプションの内容を読んで、クリックするかどうかを判断します。競合サイトなども参考にして自社の優位性を表現するのがコツです。
<参考>検索エンジンからお客さんを連れてくるdescriptionの設定方法

3. メタキーワードも必ず設定しましょう。

メタキーワードも検索エンジンの評価対象ではありません。極端に言うと無くても順位は変わりません。しかし、自分はこの記事で何について情報提供するのか、テーマ設定を明確にするために、自分の意識を固定する為にメタキーワードは挿入します。きちんとサイトが整理できているなら、キーワードが重複するページは無いはずですから。

4. HTMLやスタイルシートは正確に。

HTMLやスタイルシートは正確に記述しましょう。最低限、使い方を間違わないレベルの知識は必要です。サイトのスピードも検索エンジンの評価対象に入ってますから、どのようなソースで書くと表示スピードが速くなるのか、基礎技術の習得は不可欠です。

リンク編

被リンクは今でも重要度は高いです。巧みなリンク元サイトを量産して、お客さまのサイトにリンクを飛ばす手法でSEO対策を行っているSEO業者もまだまだ生き残っています。それどころか、検索エンジンからは高い評価を得ているケースも見受けられます。ですが、Googleはそれを禁止しています。
リンクプログラム
このことを肝に銘じて読み進めてください。

5. 自作自演のリンク、へんなSEO対策ツールは絶対に使わない

もし今通用していても、Googleの評価は日に日に厳しくなっていますので、明日の朝にはペナルティーってことも起こりえます。そうなるとリカバリーはとても大変。大きな経営的損害が発生しますので、手を出してはいけません。もし現在SEO対策会社に依頼をしているのなら、どうやって順位を上げているのか、具体的に見せてもらうことを強くお薦めします。

6. ナチュラルリンクを得る戦略

ナチュラルリンクは強力に効きます。ではとうすればナチュラルリンクを獲得することができるでしょうか? やはり読者に高く評価されるコンテンツの発信が鍵となってきます。高く評価されるとは、為になる、悩みが解決される、幸せになるということです。するとブログやSNSで広く紹介されるようになりナチュラルリンクを獲得することができます。

コンテンツ編

SEO対策のベストソリューションはベストなコンテンツです。
へんなツール探しや、自作自演のリンクを考える時間があったら、どうやったらベストなコンテンツを作ることができるかを考えましょう。あえてベストと言ってるのはベストであるコトに意味があるからです。
Googleはこのように言ってます。
より良質のコンテンツをユーザーに
良質なサイトを作るためのアドバイス

7. そのコンテンツは読者を幸せにするか?

「大量の文字数で大量の記事を書くことがコンテンツSEOだ」と勘違いしている方がいらっしゃいます。ですがGoogleが言っていることと照らし合わせると、ある意味正解なのですが、重要な視点でズレが発生していることに気付きます。それは読者の視点です。「読者はその記事を読んで幸せになるのか?」と自問自答してみてください。もし、競合が同様の記事を書いているのであれば「自分の書いた記事がベストか?」と追加で問いを立ててみてください。Yesなら検索順位も1位になるはずです。

8. 競合サイトから学ぶ

競合トップ5サイトを研究しましょう。何を言ってるか? 網羅性は? 専門性は? コンテンツの量は? など、自分なりに枠組みを作って採点してみると、自社サイトで何が足らないのか解りやすくなります。課題が分かればそれを解決する情報を発信すればOK!

9. キーワードの選定

どれだけ良いコンテンツができたとしても、それを必要とする読者がいなければ意味がありません。そういう意味で記事のテーマ決めは大切。テーマは記事のキーワードに落とし込まれます。どんなキーワードが検索されているのかを知るため有効なツールをオススメします。

  1. アドワーズのキーワードプランナー
  2. 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
  3. Yahoo!知恵袋

10. SEOの目的は成約率のアップ

例えGoogleで検索1位になっても、成約率が上がらなければ意味がありません。目的は成約率の向上なのです。しかしSEOをやり始めると順位ばかりが気になって、本来の目的である成約率の向上が達成出来ていない、ということが起こりがちです。もし現状そのような事が起こっているのであれば、まずはお客さまを中心において、我々はどんなコンテンツを発信すればお客さんを幸せにすることができるのだろう? と自問自答してみてください。その時に絶対にやってはいけないがやってしまう間違いが視点のずれです。情報発信する側の視点とお客さんの視点がずれているため、どんなに良い記事であってもお客さまには響かない。原点に戻って考えてみましょう。

SEOは長期的視点で評価を

すぐに成果が欲しいと思う気持ちはよくわかりますが、SEOを評価するには短期よりも長期的視点で評価することが重要です。今すぐ成果を出したい場合にはPPC広告(GoogleアドワーズYahoo!プロモーション広告)を利用するべきです。PPCなら広告を入稿して審査を通ればすぐに検索画面に反映されるので、お客さんの反応がすぐにわかります。商品サービスによっては投資したその日にリターンが帰ってきます。

記事をアップしたらGoogleアナリティクスやヒートマップなどを使って、お客さんの反応をチェックしましょう。アナリティクスを使えば、想定していたキーワードで反応しているのか、それ以外のキーワードで反応しているのか、その他お客さんの行動を知る手がかりとなります。ヒートマップを使えば、お客さんがどの部分を熟読しているのか、どの部分で出ていってるのか、ある程度正確にわかります。読まれていない部分はなぜ読まれていないのだろう?と考えて修正することでより良い記事に変えていくことができます。記事の内容とお客さまの心理がマッチしないとお客さまの心は動きません。地道は作業が引き続き必要なのです。
このような理由から、SEOは短期で評価せず、長期で評価することをオススメします。

もしこの記事があなたのお役に立ったら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。