3C分析とは外部環境の市場と競合の分析からKSF(Key Success Factors 成功要因)やマーケティングの方向性を探り、自社の戦略に活かすフレームワーク。3Cは「市場・顧客(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字。

3C分析

市場・顧客分析のポイント

マーケティング戦略を考えるには、このポイントが重要。
まずは潜在顧客の把握する。市場規模、市場の成長性、市場のニーズ、購買決定プロセス、購買者、購買意思決定者といった観点で分析する。

競合分析のポイント

競争状況、競争相手について把握する。
寡占度、参入障壁、競合の戦略、経営資源や構造上の強みと弱み、競合のパフォーマンスに着目する。
競合と自社を比較することで、相対的な強みや弱みを確認する。

自社分析のポイント

自社の経営資源や企業活動について、定性的・定量的に把握する。例えば「ヒト」「モノ」「カネ」に着目して分析する。
バリューチェーン分析を併用することで、さらに明確に把握出来る。

WEBマーケティングでどう使うの?

ホームページでは自社の強みをお客さんに伝える必要がある。何を伝えるのか、このフレームワークでしっかりと導き出す。
自分たちでは強みだと思っていることが、本当に強みなのか確認し、さらにコンテンツでその強みを補っていけば、強みがしっかりと伝わるようになる。

無料相談会

弊社では無料相談会を開催しています。WEBマーケティングがどういうものなのか、自社のスタイルに合うのか、効果が期待できるのか、様々な不安や疑問の解決ができます。また、無料相談会だけで、本来の課題が解決されることもありました。是非お気軽に無料相談会をご利用ください。

WEBマーケティング無料相談会

  • 日時:毎週月曜日 午後
  • 場所:弊社(大阪市東住吉区)
  • 時間:1社30分
  • 対象:ご担当者とできれば経営に携われている方のご同行をお薦めします
  • 業種:業種は問いません
  • 注意:お申込後、機密保持契約書をお送りしますので、捺印後ご持参ください

お申込はこちら → WEBマーケティング無料相談会