ピラミッドストラクチャー(ピラミッド構造)とは「論理の三角形(演繹的論理展開、帰納的論理展開)」を組み合わせて、「ピラミッド型」に論理を構造化すること。元マッキンゼーのバーバラ・ミントが体系化した。

高い論理性が求められる現場でよく用いられる論理展開のフレームワーク。
複雑な話をわかりやすく、説得力を持たせることができる。
構造化された文章は、どのような論点に基づいてその結論を出したのか理解しやすい。

ピラミッドストラクチャー

一番上にはメインメッセージ、つまり主張。その下にメインメッセージを支える2〜4つのキーメッセージ。その下にキーメッセージを支える根拠。と言うようにピラミッド型に構成される。

構成されたピラミッドストラクチャーは上から下に向かって「Why?(何故なら)」という問いに答えるカタチになっている。
逆に下から上へは「So what?(だから何)」と主張が言えてるカタチになっています。

ロジック・ツリーに構造は似ているが、この2つはまったく違うものである。ロジック・ツリーは主に問題解決において問題箇所の特定とその対策を見極めるために分解して考える手法。それに対し、ピラミッド構造は、それぞれのメッセージを解釈によって統合することで、コミュニケーションの際に論理的な構造をつくるために用いられる。

ピラミッドストラクチャー例

例では、キーメッセージを3C分析で分解している。このように他のフレームワークと組み合わせて使うと論理的に説明しやすくなる。また抜け漏れも防ぐことが出来る。

WEBマーケティングでどう使うの?

各ページごとにピラミッドストラクチャーが成立するようにコンテンツを形成していく。
そうすることで、わかりやすく、論理的で、納得感のあるコンテンツに仕上がる。
そのようなコンテンツは、社会からの信頼性も得やすくなる。

プレゼンの資料1枚1枚にこのピラミッドストラクチャーが構成されていると、非常にわかりやすく論理的なプレゼンテーションが成立することが期待出来る。

無料相談会

弊社では無料相談会を開催しています。WEBマーケティングがどういうものなのか、自社のスタイルに合うのか、効果が期待できるのか、様々な不安や疑問の解決ができます。また、無料相談会だけで、本来の課題が解決されることもありました。是非お気軽に無料相談会をご利用ください。

WEBマーケティング無料相談会

  • 日時:毎週月曜日 午後
  • 場所:弊社(大阪市東住吉区)
  • 時間:1社30分
  • 対象:ご担当者とできれば経営に携われている方のご同行をお薦めします
  • 業種:業種は問いません
  • 注意:お申込後、機密保持契約書をお送りしますので、捺印後ご持参ください

お申込はこちら → WEBマーケティング無料相談会