MECE(ミーシーもしくはミッシー、Mutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略)
「モレなくダブリなく」

分析をはじめるにはまずは「分解」をすることです。
分解をするときに、漏れやダブりが発生すると、精度が落ちます。
制度が落ちると「分析」そのものに意味が無くなることもあります。

よって、分析をするには「モレなくダブリなく」が基本中の基本。

MECE

<例題> あなたのお客さんを性別で分解してみましょう。

パッと思いつくのは「男」と「女」
MECEか?
でも、最近だとLGBTも無視できない数になってきてますよね。
だったら、こんな感じ?

MECEか?
もう少し深く考えてみると、法人や団体っていうのも考慮しないとね。

MECE

ここまで含めると、まずまずの納得感があります。

WEBマーケティングでどう使うの?

お客さんを分析しましょうと言ったときに、MECEで分解しないと本当のお客さんを見落とすことになります。
例えば性別だと先の例でわかるとおりですし、商品によっては、欲しい人、買う人、使う人が別なケースもあります。だったら誰に向かってコンテンツをつくればいいでしょう?
WEBマーケティングだと、ネットの向こうのお客さんにプレゼンするわけですから、相手の行動は目には見えません。なので、複数の仮説を立てて検証する作業が必要です。その時にMECEになっていない分析をしていると「何でこうなるんだろう…?」と頭を抱えることになります。
それ以外にも、MECEは基礎中の基礎ですから、MECEになるように思考のクセを付けることが、マーケティング思考の第一歩です。
さらに、サイト構築時のカテゴリー分けをするときにはMECEを意識することが大切です。カテゴリーがMECEになっていないと、折角来てくれたお客さまを情報不足ゆえに逃してしまうことになります。

無料相談会

弊社では無料相談会を開催しています。WEBマーケティングがどういうものなのか、自社のスタイルに合うのか、効果が期待できるのか、様々な不安や疑問の解決ができます。また、無料相談会だけで、本来の課題が解決されることもありました。是非お気軽に無料相談会をご利用ください。

WEBマーケティング無料相談会

  • 日時:毎週月曜日 午後
  • 場所:弊社(大阪市東住吉区)
  • 時間:1社30分
  • 対象:ご担当者とできれば経営に携われている方のご同行をお薦めします
  • 業種:業種は問いません
  • 注意:お申込後、機密保持契約書をお送りしますので、捺印後ご持参ください

お申込はこちら → WEBマーケティング無料相談会