「アカウンティング」の記事一覧

負債比率

アカウンティング

負債比率 負債比率は会社の自己資本に対する他人資本(有利子負債)の割合を示す値をいいます。 安全性の観点からは、通常100%を下回ると財務が安定しているとされ、この数値が低いほど「借金の少ない会社」となります。 その反面・・・

固定比率

アカウンティング
固定比率

固定比率 会社の固定資産に対する資金調達源の安全性を示す比率です。 長期間資金が拘束されてしまう固定資産に対する資金の調達が、どの程度、安定的な(返済義務の無い)資金源である純資産によってまかわれているかを示しています。・・・

当座比率

アカウンティング

当座比率 会社の安全性を示す指標。流動比率を補完し支払能力をを示します。 当座資産が流動負債をどの程度カバーしているかを示します。 当座資産とは、その気になればすぐに現金化できる資産のことで、商品在庫などはここに含まれま・・・

流動比率

アカウンティング
流動比率

流動比率 会社の1年間の資金繰りがわかります。 100%を超えていれば、概ね良好。100%を割り込んでいると、流動資産を全て使っても流動負債が支払えないことになります。 ただし、流動資産の中には、長期未回収となっている不・・・

ページの先頭へ