お客様の声・納入事例#0002

SEO対策を依頼して1ヵ月後には、問い合わせが4倍に増えました。

デジタル・サイネージ(電子看板)によるコンテンツ制作やソリューションに携わっている安藤さん。まだデジタル・サイネージの認知度が高くなった頃から、その有効性と必要性を直感し、まずは自社のホームページでデジタル・サイネージについての広報を始めたとのこと。やがて少しずつ問い合わせが入ってくるようになると、成約に結びつけるためにはSEOの重要性を実感されたそうです。

デジタル・サイネージの将来性を評価

湖崎眼科

テレビプラスを納入した「湖崎眼科」さま

安藤さん:
 デジタル・サイネージとのつきあいは5、6年くらいにはなりますが、当時デジタル・サイネージは「電子看板」とか「液晶掲示板」などと呼ばれていて、まだまだ普及にまでは至っていませんでした。
 私は学生時代にスポーツをやっていた経歴から、アナログ一辺倒な人間でしたが、通信技術を始めとするIT技術については「面倒くさいけど、知っておかなくてはならないこと」と思っていました。そんなおり、デジタル・サイネージと出合ったのです。
 「掲示」「案内」「説明」「照会」など、従来から人による業務ですが、デジタル・サイネージなら正確かつ確実にこれらの業務をこなせます。人件費の削減はもとより、口頭で行うよりも、ビジュアルを使って明確に表示できる点がとても優れていると実感しています。
 当社のデジタル・サイネージは「テレビプラス」という商品名で、現在、医療関係や行政関係の施設、スーパーマーケット、駅構内の売店やドラッグストアなど、さまざまな業種・業界に納入させてもらっています。

成約につなぐためのSEO対策の必要性を実感

「株式会社タグオス」代表取締役・安藤さま

「株式会社タグオス」代表取締役・安藤さま

安藤さん:
 当社への問い合わせの大半がホームページからです。自社のホームページではできるだけくわしく「デジタル・サイネージとは何?」「テレビプラスでできること」を説明させていただきました。こうしたことで微力ながらも、デジタル・サイネージの認知度を高めることに一役買うことはできたのではないでしょうか。

 しかしながら、認知度を高めることと商品納入の成約に至ることは別です。つまり、成約率を高めるためには、「デジタル・サイネージのことを知りたい」お客さまではなく、「テレビプラスを使いたい」お客さまを集めなければならないのです。そのためのSEOが必要だと実感したのです。


表示順位を上げるだけでなく、事業の特長を強調するSEO

安藤さん:
まず「SEO」という検索ワードでリサーチしました。SEOを請け負う会社なら、このワードでヒットしないはずがないから、上位表示された会社のホームページをいくつか拝見した結果、トゥルースさんにお願いしようと思いました。業務に関するスタンスに共感できたからです。
 ただ商品や技術を売るのではなく、顧客への有益な効果をとても意識されている点でしたね。

「トゥルース」代表取締役・服部

「トゥルース」代表取締役・服部

服部:
 当時、デジタル・サイネージは「電子看板」や「デジタル掲示板」など、さまざまな呼び名を使われていました。だからできるだけ多様なワードでヒットする仕組みにしました。
 また外部サイトからのリンクを増やすといった、順位のアップだけを目的にしたSEOではなく、ユーザーが成約にコンバージョンしてくれるようなSEOを着実にこなしていきました。

安藤さん:
 そうなんです、トゥルースさんの手法は決してハデではありませんでした。そんな手法をとったところで、googleから「その方法は無効です」と警告されるでしょうから。
 私はトゥルースさんの実直な仕事のやり方に納得し、協力させていただきました。すると1ヵ月くらいで検索順位に反応が表れ始めて、問い合わせ件数も見事に上がったんですよ。

今後はテレビプラスのソリューション事例を蓄積

服部:
 今ではデジタル・サイネージは認知度もあがり、さまざまな場所で利用されているので、目についた方も多いかと思います。現在、タグオスさんのホームページのリニューアルを一緒に計画しているんですが、これまで前面に押し出していたデジタル・サイネージについての紹介や説明などの記事はそんなに重要視されなくなるでしょう。それよりもテレビプラスを実際に施工した例や成功へと導けた事例、クライアントからの評判など、「テレビプラスで何が解決できたか」を具体的に表現する必要があるはずです。

安藤さん:
 ホームページを制作したり、SEO対策に取り組む際に、多くの方々がよく口にする言葉が「情報発信=経営プラン」ということで、もちろん私も同感です。ただ大切なことは経営プランを立てるときの取り組み方、特にトルゥースさんの場合、代表である服部さんの人柄、つまりハデさはないけれど堅実かつ着実に実績を積まれているところに共感をもっています。トゥルースさんには「技術力の前に人間力がある」という表現がぴったりだと思いますよ。

患者さんの待ち時間ストレスを解消し、院長とのコミュニケーションも潤滑になっています。

湖崎眼科 吉澤さん:
 当医院では患者さんが待ち時間に感じるストレスを軽減するために、デジタル・サイネージ「テレビプラス」を導入しました。ただケーブルTVを放映するよりも、せっかく時間を割いて受診を待っておられるのだから、有意義なコンテンツを流せないかと思っていました。
 当医院は眼科ですので、眼の病気に関する予備知識や具体的に緑内障や白内障に関する注意事項などを流しています。また夕方からはコンタクトレンズの関する患者さんが増えるので、コンタクトレンズに関する基礎知識を流すようにもしています。実は院長の趣味がカメラで、その作品を流すこともよくあるんですが、これが好評で受診の際の患者さんとのコミュニケーションづくりにも大いに役立ってるんですよ。
 このようなさまざまなコンテンツの表示方法や放映時間をパソコンで簡単に編集できるのが頼もしいです。また他社製品の多くは、編集したコンテンツをネット回線で送信するのが主流なんですが、とても時間がかかることがあります。その点、テレビプラスでは、即座にデータ移動ができるのでとても便利ですよ。



向かって右から「湖崎眼科」ご担当者・吉澤さま、「株式会社タグオス」代表取締役・安藤さま、「トゥルース」代表取締役・服部

ホームページ:デジタルサイネージ「テレビプラス」の株式会社タグオス

無料相談会

弊社では無料相談会を開催しています。ホームページ運営のプロがあなたの疑問や課題解決を無料でサポートします。自社のスタイルに合うのか、効果が期待できるのか、様々な不安の解決ができます。また、無料相談会だけで、本来の課題が解決されることもありました。是非お気軽に無料相談会をご利用ください。

  • 日時:毎週月曜日 午後
  • 場所:弊社(大阪市東住吉区)
  • 時間:1社30分
  • 対象:ご担当者とできれば経営に携われている方のご同行をお薦めします
  • 業種:業種は問いません
  • 注意:お申込後、機密保持契約書をお送りしますので、捺印後ご持参ください

お申込はこちら → 無料相談会